スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --

展示会の様子 no.3

展示会の様子 no.3では一番奥の部屋をご案内します。

IMGP3817.jpg


IMGP3819.jpg

【 作者 】彩凪
【 素材 】写真、スタジオ
【 コンセプト 】
地球を火であっためてみました。
そうしたら春になりました。あっためなかったら凍ったままです。
選択肢ごと、yesの壁面とno壁面
赤ドレスの火の妖精があたためてくれて、地球の中のピンクドレスの春の妖精たちが出てこれました。
出てこれないときは地球の中に入ったままで若干冷たいイメージ。

IMGP3822.jpg

【 作者 】Masami Tagata
【 素材 】
◆畳半畳分の壁画:ポリプロピレンボードに、墨で模様付けをした半紙を貼り、油性ペンキをたらしドリッピング。(半紙は最初は床等に並べ、その状態で無作為に墨をつけていく。ポリプロピレンボードに貼る際に、半紙についた模様が連結しそうな部分同士を繋げるように半紙を並べ直し貼っていく)
◆大きめはがきサイズの壁画:アンドロイドアプリ『Mobileスケッチ』にて、指で線を描き重ねる
◆音の出る箱:MP3プレーヤーからCANDYMUSICに接続し、先端部分をダンボールにガムテで固定。中の蓮はペットボトルから切り出して作成。ダンボールも廃棄予定物を使用。
◆ミニアルバム本:友人の結婚式の引き出物カタログを使用。中にはさんだハガキは実家に眠ってたハガキの裏を使用。水彩絵の具で筆で線描くき、色づけ。
◆CD:音の出る箱から流れる楽曲を収録。
【 コンセプト 】
畳半畳分のドリッピングや、ハガキサイズの水彩作品は「やってみたかったから」、Mobileスケッチは寝る前の「直感」で指で書き綴ったもの。手軽に物が描けるから。また、どちらも絵ではなく線画のようなものなので、自分の指の軌道が残り自分の思ってたこと、生きた証拠が残るから。
音の出る箱は、廃棄されるもので何か作れないかと思い、思いついたもの。何か作って作品として人前に出すことで、廃棄物をあたためることになるかなと思い取り組んだ。
音楽は、自分が取り組める手段のひとつだから取り組んだ。CD収録曲にも「あたためる」ことに繋げてタイトルをつけている。

IMGP3825.jpg


IMGP3829.jpg

【 作者 】松本 直也
【 素材 】
二頭身の似顔絵は下書きしてからスキャナでパソコンに取り込み、イラストレーターでトレース。
リアルな似顔絵は水で溶ける色鉛筆と筆ペンを使って描いてます。
リングはシルバーと真鍮。
【 コンセプト 】
辛い事があった時も笑いがあれば気持ちが楽になるもの。
作品を見て少しでも笑ってホホの筋肉を動かしてもらおうと思い、ホホ肉をあたためました。

IMGP3831.jpg

【 作者 】ToGe
【 使用素材 】
イラストはイラストボードとアクリルガッシュ。
立体物は手芸用粘土。
【 コンセプト 】
「○○あたためますか?」と聞かれたとき
鳥たちの卵をあたためる行動を連想しました。
時間も季節も色も形も違う。
あたためているのに両方違う印象。


3回に分けてお送りしました。
短い開催期間ではありましたが個人個人思いを込め。
また次回お会いしましょう。





2013.12.05 Thu
スポンサーサイト

展示会の様子 no.2

展示会の様子 no.2ではこの中央のフロアをご案内します。

IMGP3814.jpg

【 作者 】ゆみ
【 素材 】写真


IMGP3815.jpg

【 作者 】綾
【 素材 】
(写真)
撮影場所:八景島シーパラダイス
撮影機材:Nikon D5100 標準レンズ
用紙:FUJiFILM写真仕上げ光沢プレミアム厚手
(詩)A4コピー用紙にワードで書いてEPSONコピー機で出力
(フレーム)厚紙、マスキングテープ、ケント紙
【コンセプト】
人との出会いで感じたこと、思ったこと。
自分の気持ちや経験という“あたためた”ものを表現。
そして、これからもそれらを大事にし続けていきたい。
“あたためていきたい”という思いを込めて。
イルカはとても優しい生き物で、相手(仲間や人間など)の痛みや悲しみなんかもわかると言われてます。
そのあたたかさと、コトバに込めた思いを共に感じていただけたら嬉しく思います。
あえて何も入れていないフレームが配置されているのは、そこにはないけどあるものを個々に想像して感じてもらえたらと思ったからです。


IMGP3816.jpg

【 作者 】akino
【 素材 】写真
【 コンセプト 】心がほっと温まるような瞬間を撮影しました。


IMGP3844.jpg

【 作者 】ゆずぽん
【 素材 】ドライフラワーを硬化剤で固めて
【 コンセプト 】
宝石のデザインや、販売の仕事にたずさわってきた経験を活かしたアクセサリーを制作。
未来への希望や期待の種。
10年前を種。この10年が成長の葉。
そして今を花にたとえました。


IMGP3847.jpg

【 作者 】春香
【 使用画材 】色鉛筆
【 コンセプト 】
心をあたためるものってなんだろう?と考えたとき、自然だったり子供だったり動物だったり…純粋で素直な、自然体のものがそうだなと思い作品を作りました。

IMGP3849.jpg

【 作者 】まりあ
【 使用画材 】ケント紙、アクリル
【 コンセプト 】
「おなか」(写真右)
女子はお腹を冷やしちゃいけません。人の手のぬくもりでお腹をあっためました…というだけではなく、
自分で家族を持ってみて、時間とかやりたい事とか我慢する事も多くて失ったものもたくさんあるけれど、毎日遊んで騒いで楽しいのに無くなることのなかった漠然とした寂しさってものが消え、家族のぬくもりは心を強くするんだと実感したので。

「ごはん」(写真中央)
あたたかいごはん、「ただいま」と言って帰って来れる場所は心とからだの栄養です。
戦いに行く場所をビル群に例えて、ごはんを家庭に例えました。
ただビルを描いても面白くないので茶碗に入れてひとひねり。

「おふろ」(写真左)
悲しいことや腹が立つこと、イライラすることはしょっちゅうです。おふろでさっぱり流して体をあたためて、気持ちを切り替えます。



2013.11.30 Sat

展示会の様子 no.1

11月2日(土)、3日(日)と開催しましたRe:1showグループ展「○○あたためますか?」はいかがでしたでしょうか?
改めまして3回に渡って展示会の様子をご報告します。


IMGP3797.jpg

グランシップ静岡6階。会場は3ブロックにわかれています。


IMG_4057.jpg

IMGP3808.jpg

受付にはポスター、DMで使用しましたタイトルパネルとたくさんの写真


IMG_4065.jpg



さて、展示会の様子 no.1ではこの一番最初のフロアをご案内します。

IMGP3811.jpg

IMG_4036_2.jpg


【 作者 】ENDO
【 使用画材 】
ペンギン右→ベニヤ板/透明アクリル絵の具・ジェルメディウム・ツヤだしニス
ペンギン左→ベニヤ板/不透明アクリルガッシュ・モデリングペースト
鳥取→ケント紙/鉛筆
【コンセプト】
ペンギンシリーズは「〇〇あたためますか?」→「いいえ、あたためません。私はひやします。」という反抗的なコンセプトです。
左の砂丘はあたため→熱い→暑い→砂漠→砂丘→鳥取 という連想です。


IMGP3804.jpg

IMG_4053.jpg


【 作者 】有香
【 使用画材 】
色鉛筆、水彩、鉛筆、ワトソン紙
【コンセプト】
あたためるには?相手がなきゃ無理。独りじゃひとつじゃあたためられない。
横の作品ひとりであたためられるもの。
縦の作品みんなであたためるもの。みんながたあたたかい。
そんなイメージです。
ひととひとであたためるもの
自分だけであたためるもの
2013.11.25 Mon

*メニュー*

*最近の更新*

*twitter*

*リンク*

*ご連絡はこちら*

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。