スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --

展示会の様子 no.2

展示会の様子 no.2ではこの中央のフロアをご案内します。

IMGP3814.jpg

【 作者 】ゆみ
【 素材 】写真


IMGP3815.jpg

【 作者 】綾
【 素材 】
(写真)
撮影場所:八景島シーパラダイス
撮影機材:Nikon D5100 標準レンズ
用紙:FUJiFILM写真仕上げ光沢プレミアム厚手
(詩)A4コピー用紙にワードで書いてEPSONコピー機で出力
(フレーム)厚紙、マスキングテープ、ケント紙
【コンセプト】
人との出会いで感じたこと、思ったこと。
自分の気持ちや経験という“あたためた”ものを表現。
そして、これからもそれらを大事にし続けていきたい。
“あたためていきたい”という思いを込めて。
イルカはとても優しい生き物で、相手(仲間や人間など)の痛みや悲しみなんかもわかると言われてます。
そのあたたかさと、コトバに込めた思いを共に感じていただけたら嬉しく思います。
あえて何も入れていないフレームが配置されているのは、そこにはないけどあるものを個々に想像して感じてもらえたらと思ったからです。


IMGP3816.jpg

【 作者 】akino
【 素材 】写真
【 コンセプト 】心がほっと温まるような瞬間を撮影しました。


IMGP3844.jpg

【 作者 】ゆずぽん
【 素材 】ドライフラワーを硬化剤で固めて
【 コンセプト 】
宝石のデザインや、販売の仕事にたずさわってきた経験を活かしたアクセサリーを制作。
未来への希望や期待の種。
10年前を種。この10年が成長の葉。
そして今を花にたとえました。


IMGP3847.jpg

【 作者 】春香
【 使用画材 】色鉛筆
【 コンセプト 】
心をあたためるものってなんだろう?と考えたとき、自然だったり子供だったり動物だったり…純粋で素直な、自然体のものがそうだなと思い作品を作りました。

IMGP3849.jpg

【 作者 】まりあ
【 使用画材 】ケント紙、アクリル
【 コンセプト 】
「おなか」(写真右)
女子はお腹を冷やしちゃいけません。人の手のぬくもりでお腹をあっためました…というだけではなく、
自分で家族を持ってみて、時間とかやりたい事とか我慢する事も多くて失ったものもたくさんあるけれど、毎日遊んで騒いで楽しいのに無くなることのなかった漠然とした寂しさってものが消え、家族のぬくもりは心を強くするんだと実感したので。

「ごはん」(写真中央)
あたたかいごはん、「ただいま」と言って帰って来れる場所は心とからだの栄養です。
戦いに行く場所をビル群に例えて、ごはんを家庭に例えました。
ただビルを描いても面白くないので茶碗に入れてひとひねり。

「おふろ」(写真左)
悲しいことや腹が立つこと、イライラすることはしょっちゅうです。おふろでさっぱり流して体をあたためて、気持ちを切り替えます。



2013.11.30 Sat

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

*メニュー*

*最近の更新*

*twitter*

*リンク*

*ご連絡はこちら*

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。